6月30日(金)、府中市総合体育館にて、DUARIG Fリーグ第4節、府中アスレティックFC vs バサジィ大分の試合が行われました。

弊社が運営する9ine Futsal School(ナインフットサルスクール)多摩川校、狭山校でコーチを務める渡邉知晃選手#13と柴田祐輔選手#21が所属する府中アスレティックFCは、前3節で1勝1敗1分け。

平日夜の開催にも関わらず応援に駆け付けてくれたファンのためにも、なんとしてでもホーム戦で勝利を届けたい府中。
対するバサジィ大分は前節の仙台戦で見事逆転勝利をおさめ、このまま勢いに乗りたい一戦。

試合が動いたのは前半9分、柴田選手からのアシストで渡邉選手がゴールを決めるもハンド判定でノーゴールに。
その後10分にバラジィ大分 森村志選手#11が先制点を決め0-1で前半を折り返し。

後半は激しい攻防が続き、この試合での府中アスレティックFCのシュート本数は45本に上るほど。
ゴレイロのクロモト選手#96の身体を張ったスーパーセーブでバサジィ大分のゴールを許さず、後半13分柴田選手が同点ゴールを決めると、大分のファール蓄積により後半17分に府中が第二PKを獲得。渡邉選手がこれを決め逆転に成功。
見事府中がホームゲームで勝利を獲得しました。

この試合には渡邉選手、柴田選手のスクール生も応援に駆け付け、目の前でコーチの活躍を見た子供たちは大興奮。
生徒の前で2選手がともにゴールを見せることができました。

次回の府中アスレティックFCホームゲームは8月19日vs湘南ベルマーレ。
府中でのホーム戦開催は今シーズン最後になりますので、ぜひご覧ください。

【DUARIG Fリーグ公式HP】
http://www.fleague.jp/